SalesforceがSlackを2.9兆円で買収

Business

アメリカ時間12月1日、Salesforce(セールスフォース)がSlackを277億ドル(約2兆8.740億円)で買収し、エンタープライズソーシャルに踏み込んでいくことを発表した。

Salesforceは、最近年間収益が200億ドル(約2兆880億円)を突破したCRMの強豪である。また先週には保留中となっていた買収のうわさが浮上したことでSlackの株価が急騰していた。

SalesforceがSlackを買収

Salesforceの共同創業者であり最高経営責任者(CEO)のMarc Benioff氏は、今回の買収について声明で「これは相性抜群の縁組だ。SalesforceとSlackはともにエンタープライズソフトウェアの未来を形作るとともに、あらゆる人がオールデジタルで世界のどこでも仕事ができるように、働き方を変えていくだろう」とコメントしている。

またSlackのCEOであるStewart Butterfield氏も声明において「ソフトウェアがあらゆる組織のパフォーマンスにおいてより重要な役割を果たすようになるにつれて、SalesforceとSlackでは複雑さを減らすとともに、パワーと柔軟性を高め、最終的にはより高度な調整と組織の俊敏性を実現するというビジョンを共有している。個人的には、今回のことはソフトウェアの歴史の中で最も戦略的な組み合わせだと思っている。一緒に始めるのが待ち遠しくて仕方がない」と将来の上司であるMarc氏に劣らない喜びを表した。

 

すべての企業において、すべての従業員は従業員どうしでコミュニケーションを取る必要があるといえる。Slackではそのコミュニケーションを巧みに強化させるのみならず、顧客やパートナー企業とのコミュニケーションも円滑にする。

Salesforceのような企業とその製品群にとって、このことは非常に有益なこのになると考えられる。

買収に伴う株価の動き

最終的にSlackは、買収の機が熟していたといえる。

Slackは株式公開後2020年に入るころにはその価値の約40%を失っており、直近の決算報告後には、同社の価値は16%下がり、Salesforceの買収がリークされる前には1株当たりの価値が直接上場の基準価値よりも十ドル高いだけだった。

2020年7月31日までの2つの四半期の間に、1億4,760万ドル(約154億1,600万円)の純損失を計上、Slackの魅力的でない公開評価と収益性は、今回のような買収の標的となっていた。

ここで唯一驚きだとされているのが評価額だ。

Yahoo!ファイナンスとGoogleファイナンスの両方によると、Slackの現在の評価額は250億ドル(約2兆6100億円)強で、時間外の価格変化が非常に小さいことを考えると、市場が同社にある程度効果的な価格を付けたことを意味する。

結果としてSlackは買収が明らかとなるより以前の評価額から48%も上昇したことになる。

買収によってもたらされるもの

今回の買収により、Salesforceはかつてのライバルであり友であったMicrosoft(マイフロソフト)と肩を並べ競い合うこととなる。同社のMicrosoft Teamsは、市場でSlackと直接競合する製品だからだ。

Microsoftは、過去にSalesforceが今回支払う金額の数分の1でSlackの買収を断念したものの、ここ数四半期はTeamsを重要な優先事項としているため、エンタープライズソフトウェア市場の一片たりとも他社に譲ろうとはしていない。

そもそもSlackがほかの企業と一線を画していたのは、少なくともサービス提供当初はほかの企業向けソフトウェアとの統合が可能だったためである。

これにより必要なことがすべてSlack上で完結するため、ボットやインテリジェントといったデジタルヘルパーを組み合わせることで、同社ではSalesforceの顧客に集中的に仕事ができる中心的な環境を提供できる可能性がある。

 

今回の買収は、Salesforceにとって2016年に7億5,000万ドル(約783億円)で買収したQuipに続く額での買収となった。これをSlackの買収と組み合わせることで、Salesforceは自社内のオプションであるChatterよりも、はるかに堅牢なソーシャルストーリーを伝えられる可能性がある。

また注目すべきはMicrosoftがSlackに興味を持っていると報じられた2016年に、SalesforceがTwitterに興味を持っていたことである。

最終的には株主の反対を受け、ソーシャルプラットフォームの物議を醸している側面を扱いたくないということで買収から手を引いていた。

 

Slackは2013年に設立されたが、その起源は2009年に設立されたGlitchというオンラインマルチプレイヤーゲーム会社にさかのぼる。

このゲームは最終的に失敗に終わったものの、スタートアップは会社をつくる過程で社内メッセージングシステムを開発し、それが現在のSlackへと発展している。

その歴史的な成長によってSlackは非公式の間に10億ドル(約1,044億円)以上を調達、2019年の株式公開前には70億ドル(約7,310億円)もの評価額を獲得した。

一方でSlackはマイクロソフトだけでなく、Cisco(シスコシステムズ)、Facebook(フェイスブック)、Google(グーグル)、さらにはAsanaやMonday.comといった企業との競争に常に直面しているといえる。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました