ドコモ、20代に向け月額2,980円「ahamo(アハモ)」発表

Business

NTTドコモは、3日に20GBバイトのデータ容量で月額2,980円(税別)の新しいプラン「ahamo(アハモ)」を2021年3月から提供することを発表した。次世代通信規格である「5G」にも対応する予定だ。

今回の発表は、菅義偉政権の値下げ要求に応じる形で発表され、携帯会社大手3社の中では最安値の水準を示している。

ドコモの新プラン「ahamo」がこれまでのプランと違う点

ドコモの新プラン「ahamo」は、1回につき5分までの通話も含まれている。

井伊基之社長は3日の午後2時から記者会見を開き、新プランについて説明。井伊社長は、「ahamoという名前はサービスを通じて、顧客に感じてほしい驚きや楽しさの意味を込めた」とコメントした。

政府は携帯大手各社に対し、さらなる値下げを要求しており、各社ではいずれ追加値下げに踏み切る可能性が高い。「第4のケータイ」の楽天を交えた値下げ競争は、これを機に新たな段階に入る。

 

井伊社長は冒頭に、「すべてのお客様に等しく満足してもらうことが難しくなった、プラン見直しやサブブランドでは解決しない。複数の料金プランを提供していくことを考えている」と今後の方針を語った。

そのうえで「既存サービスは、よりシンプルな料金プランに見直したい。家族で契約すればお得になるなどのサポートは続ける。中身についての詳細は、12月中旬に発表する」と話した。

新料金プラン「ahamo(アハモ)」について

ドコモが発表した新たな料金プランとなる「ahamo」は、専用のウェブサイトからのみ申し込みを受け付ける。デジタル世代といわれる若者の需要を取り込む狙いがある。プランの変更などの手数料は取らないという。

ドコモによると、「ahamo」という名前は、道の物事を瞬時に理解するという意味を持つ「アハモ―メント」という言葉を参考に考えたという。

 

会見において、新料金プランの狙いを問われた井伊社長は、「今回のプランは20代がターゲットだ。ドコモが弱い年齢層で他社に顧客を取られ、ドコモには適切なプランがなかった。もちろんこれだけで済むとは思わないものの、他社には勝てる」とコメントした。

会見では、「ahamoはサブブランドとして検討したのか」という質問も出たものの、これに対し井伊社長は、「我々からブランドというのはおこがましい。20代にとってはメインのプランである、好評で支持を得られればブランドになる」と述べた。そのうえで、「サブブランドを作らずに、メインだけでプランを複数作っていきたい」と今後の方針について話した。

ドコモのこれからの課題

井伊社長は、「今20代で他社に負けたままだと、これからもずっと負けたままになってしまう。このまま放っておくとユーザーはどんどん減っていく」と危機感をあらわにしている。

また井伊社長は既存サービスの料金の見直しについても言及。具体的な内容については12月中に改めて公表するという。井伊社長は「データを使った分だけ料金を課す従量課金制の良さを残したうえで、お得感のある料金に見直していく。平たく言えば、料金は下がる方向で考えている」とこれからの課題と方向性を示した。

 

ドコモは格安スマホ各社などに顧客を奪われている。実際に携帯大手3社の直接決算の売上を見るとドコモは3位だ。

井伊社長は「3番手といわれないようにしたい。トップに返り咲いたねと言われたい。売上、利益を伸ばしながら顧客に低廉で品質のいいサービスを提供できるかどうかがカギだ」とコメントした。

値下げは収益にマイナスになることから、「料金を下げれば減収となるものの、別のサービスでどう埋めるかが経営者としての責任だ」と課題について話している。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました