HISが上場後初の赤字転落

Business

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、大手旅行会社各社で業績悪化が深刻化している。

そういった中(株)エイチ・アイ・エスは、12月11日に2020年10月期連結決算の売上高がほぼ半減し、純利益が250億3,700万円の赤字であったことを発表。2002年の上場以来初めて純利益が赤字に転落したことになる。

国内旅行は回復も海外旅行は大幅に減少

国内旅行においては「Go To トラベルキャンペーン」によって利用が増加し、期末には需要が回復したものの、エイチ・アイ・エスの主力商品である海外旅行において、新型コロナウイルスの感染拡大を受け各国で観光客の入国が制限されたことや、渡航制限がしかれたことにより大幅に売り上げが落ち込んだ。

加えて店舗の閉鎖や臨時休業といった特別損失も発生したことで、上場以来初めてとなる多額の赤字を余儀なくされた。

 

今回発表された2020年10月期の連結決算は、売上高4,302億8,400万円と前年同期と比較して46.8%減少と大きく減少した。また前年同期には175億4,000万円の黒字であった営業利益においては、311億2,900万円の赤字、さらには前年同期には122億4,900万円の黒字であって純利益においては、250億3,700万円の赤字であった。

同日に発表した2021年10月期の連結決算、第1四半期決算の業績予測においては、前年同期と比較して82.0%減少となる売上高360億円、営業利益100億円の赤字、さらには当期純利益63億円の赤字を見込んでいる。

海外の拠点を大幅に削減

エイチ・アイ・エスではこのほかにも海外にある拠点のうち95拠点を削減することも発表した。海外拠点の削減もコロナ禍における旅行需要の減少や、同社の主力商品である海外旅行に行けない状況が背景にある。

さらに前述の通り、2020年10月期の連結決算が上場後初となる赤字に転落したことを受け、経営状況の改善を目的として、海外に据えた拠点を2021年までに95か所削減し、国内においても2021年1月までに105か所の店舗を削減するという。

 

今後は、当面海外旅行の需要回復が見込めないことから、国内旅行に焦点を当て、海外旅行においてはオンラインツアーといった新しいスタイルの旅行商品開発に力を入れる方針だ。

苦境に立たされている旅行会社各社

厳しい状況に立たされているのはエイチ・アイ・エスだけではない。国内の主要な旅行会社の決算も大きく悪化し、苦境に立たされている。

旅行会社最大手の(株)JTBでは、2021年3月期の連結決算において、経常利益が1,000億円の赤字になることを予測しており、「近畿日本ツーリスト」を展開しているKNT-CTホールディングス(株)においては、2021年3月期連結決算の運利益が170億円の赤字になると見込んでいる。

加えて(株)日本旅行においては2020年12月期の連結決算において、業績は現段階では未定であるものの、2020年1月~6月における連結決算の純利益は58億9,500万円の赤字であった。

 

旅行会社ではこの苦境に立ち向かうため、黒字化に向けて店舗の削減や新商品の開発などの構造改革を推し進めている。

国内旅行の需要が回復するきっかけとなった「Go To トラベルキャンペーン」が6月まで延長されることも発表されたが、新型コロナウイルスの感染者が日に日に増加していく中で、各都道府県で停止措置が取られたり、キャンペーンの中止が検討されていたりと、「Go To トラベルキャンペーン」ばかりに頼っていられないのも現状だ。

新型コロナウイルスの長期化により今後も旅行会社は苦戦を強いられそうである。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました