回転ずしチェーンが都心に続々出店

Business

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で飲食業が大きく打撃を受ける中、業績が順調に推移している回転ずし業界。そのなかでも業界大手である「スシロー」と「くら寿司」の2社が都心への出店を推し進めている。

ロードサイド店は飽和状態である中、都心のへの出店をすすめることでファミレスや居酒屋など、苦境に立たされている飲食店の客層を取り込む狙いがあるという。

回転ずしチェーンが都心に続々出店

スシローがJR秋葉原駅前に出店した都心型店舗である「秋葉原駅前店」は、飲食業界ではアイドルタイムと言われている客が少ない午後4時ごろにもかかわらず、店内には待ち時間が発生していた。

JR秋葉原駅周辺は居酒屋やファミリーレストランなども多くあるが、これらの店舗が午後4時に満席になることは非常に珍しいにもかかわらず、スシローでは店内に10人以上が待っており、待ち時間は20分以上にもなっていた。

 

飲食業界が苦境に立たされているコロナ禍においても、回転ずし業界は好調だ。回転ずし大手であるスシローグローバルホールディングス(GH)では、売上収益が2020年9月期には前期と比較して2.9%増加し過去最高となった。

一方くら寿司では「鬼滅の刃」とのコラボが好評を博し、9月の既存店の売上高が前年同月と比較して7.9%増加、さらに10月、11月もそれぞれ前年同月と比較して26.1%増加、33.8%と大きく増加している。

 

そもそも回転ずしは、飲食業界では3割程度が相場だとされている原価率が、4割~5割と比較的高いことから地代が安い地方のロードサイド店が主流だった。

以前から都心への出店機会をうかがっていたものの、地代などコストがかかるうえ、路面店ではなく商業施設の一角やビルの上層階での出店となると集客力が下がる恐れもあり、出店へのリスクが懸念されていた。

しかしながらその好機となったのが、以外にも新型コロナウイルスだ。

コロナ禍において外出自粛や緊急事態宣言のあおりを受けた飲食業界は厳しい状況に置かれており、中でも地帯の高い都心においては閉店する店舗が相次いだ。

そういった空いた土地に回転ずしチェーンが出店しているという。実際にスシローグローバルホールディングスの水留浩一社長は、「こういった状況だからこそ、普段は手が届かない物件にも手が届くようになった」と語っている。

都心の店舗がロードサイド店と大きく違う点

都心の店舗とロードサイド店には一つ大きく違うことがある。それが一皿の価格だ。

スシローでは従来一皿100円(税抜)から提供していたものの、都心の店舗では一皿120円(税抜)で提供しているという。

スシローは現在国内に568店舗を展開しており、その中でも都市型の店舗は1都2府4県にのみあり、店舗数も全体の4%と非常に少ないものの、2020年9月期に出店した33の新店舗のうち、13店舗が都市型の店舗だったことからも、スシローが都市型店舗に力を入れていることが分かる。

さらにくら寿司でも国内に展開する427店舗の中で、東京都、大阪府、福岡県にある駅前の好立地の店舗は11店舗であったものの、今後はより都市型店舗を増加させる方針で、2021年10月期に新規出店する25~30店舗の中で、渋谷駅前、西新宿駅前などの最低6店舗を一皿110円で提供する都心型の店舗にするという。

 

都心進出の背中を押した一つが、受付や会計の無人化だである。くら寿司では受付や会計時に、専用の端末を導入することにより、顧客と店員が接触しないシステムを完成させた。

またくら寿司の田中信副社長は、一皿の価格について、「本来であれば120円にしたかったものの、顧客満足を加味して110円とした。オフィスワーカーの需要を取り込みたい」と今後の方針について語った。

 

日本フードサービス協会の発表では、2020年10月のパブレストラン、居酒屋における売上高は前年同月と比較して36.3%も減少している。

新型コロナウイルスの収束が見えないだけでなく、再び感染が拡大し営業短縮や出控えムードが高まってきたことにより、飲食店における回復の糸口も未だつかめないままになっている。

一方でコロナ禍においても需要が減少しない業態が、回転ずしや焼き肉店などだ。

中でも回転ずしは、寿司のみならずデザートやサイドメニューに力を入れている企業も多く、都心ではファミレスや居酒屋などの需要も取り込めるのではと見込まれている。実際にくら寿司では都心店のメニューとしてアルコールメニューの充実を検討しているという。

 

以前として苦境に立たされている居酒屋やファミレスに対して、攻めの姿勢を崩さない回転ずし業界。飲食業界では新型コロナウイルス収束後の需要回復を見越した先手争いが始まったといえる。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました