AIが提案した献立の食材を配送する新サービスが開始

Business

12月21日、食品会社大手の味の素が「AJINOMOTO PARK」にてAIが提案した献立に対し必要な食材を自宅まで配送してくれるサービスをスタートさせた。

共同でサービスを提供するのは、物流ベンチャーの「CBcloud」。同社が提供する買い物代行アプリである「PickGo 買い物」と連携することでサービス開始が叶った。

サービスは東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府、福岡県で提供されるという。

味の素が運営する「AJINOMOTO PARK」とは

「AJINOMOTO PARK」は味の素が運営するレシピサイトだ。

栄養士などの資格を持った人が監修し作成した約1万のレシピをデータベース化し蓄積させたことで、ユーザーが選択したレシピに主菜や副菜、汁物などから2品を追加した3品を献立としてAIが提案するシステムである。

システムの最大の特徴は、栄養価の計算のみならず季節や料理のジャンル、料理の簡単さなど食事を作る人を考慮するポイントを備えていること。毎日料理を作る人の負担を、メニューの考案のみならず作る過程においても軽減させられる。

またAIを活用して、彩や味のバランスなどの数値や言語以外の部分で評価される感覚的な要素を含めた精度の高いメニューを提案していることも特徴である。

メニューに使う食材を配達

今回発表されたサービスは、前述のサイトで提案されたメニューに使う食材を配達してもらえるというものだ。

ユーザーは専用ページにアクセスしたのち、希望の献立を選び「PickGo 買い物」のアプリを起動する。そこで買い物を代行してもらう店舗を選ぶだけで、調理に必要な食材のリストがつくられ、配達が行われる。

すでに自宅にある食材を追加で注文する必要はないため、注文する食材を選ぶことができ、さらにリストにない食材を追加することも可能。配送日時の指定もできるという。

あとは配送日時に合わせて、配達員が指定の店舗で食材を購入、指定した場所まで食材は配達される。

価格は食材費と店舗から配達先までの配送料、その2つの合計金額の5%のサービス料である。食材費は4人分の献立でおよそ2,000円前後で、配達料は距離によって変動する。

新しい生活様式における需要を取り込むことを狙う

新型コロナウイルスの感染が拡大し、外食産業が苦境に立たされている中で、逆に需要を伸ばしているのがいわゆる「巣ごもり需要」だ。

家庭で簡単に調理できるうえにバリエーションが楽しめるパスタやホットケーキミックスといった商品の需要が高まったことからも分かるように、新型コロナ感染後から自宅での調理機会が増加している。

味の素がこの状況に対応したサービスを提供しようと開始したサービスが今回発表されたサービスである。

 

味の素ではほかにも指定の食材と一緒に混ぜるだけで調理が完結する商品も販売しており、コロナ禍において献立の作成や調理の手間が軽減されることからこういった商品の需要が大きく伸びているという。

そこでさらにその利便性を高めるために、レシピと食材がセットになったミールキットを提供するサービスを開始させた。

今後はサービス提供地域を拡大するだけでなく、献立数を増やすことでサービスの充実度の拡充を図る方針だ。ほかにも個人の趣向や健康状態といった細かな部分にも合わせられる献立を提案する仕組みの導入も検討しているという。

 

今回発表されたサービスはコロナ禍の需要のみならず、毎日の調理を負担に感じている人や、簡単にバランスの取れた食事をとりたいと思っている人に需要があるサービスであり、新型コロナ収束後も一定の需要を取り込めるとみられている。

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました