楽天ゴールドカード改悪、年会費返金の対応

Business

楽天ゴールドカードのスーパーポイントアッププログラム(SPU)の得点ポイントを4月1日から改定し、今までの̟+4倍から+2倍にすると発表した。

ゴールドカードと通常カードの特典に大きな違いがなくなり、切り替えの手続きをしたいという意見が多く聞こえる。

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカードは、通常の楽天カードに対しSPU+4倍が特徴であり、年会費2,200円(税込み)でポイントが貯まりやすいと人気のカードだ。

SPUとは、楽天市場での買い物ポイント還元率がアップする仕組みのことで、楽天グループのサービス利用状況に応じて異なり、定期的に内容が見直されてきた。

他社のゴールドカードと比べてお得な年会費で手軽に利用できることが魅力の1つだったが、ポイント倍率の改定でお得感が薄れるどころかわざわざゴールドカードにするメリットがなくなってしまった。

カード付帯である海外旅行保険の限度額とポイント還元率はこれまでも通常カードと同様のため、現在ゴールドカードを持っている人はグレードダウンをする人も多いだろう。

なお、年会費11,000円(税込み)の楽天プレミアムカードのサービス内容はそのままで、SUPのポイント+4倍や選べるポイントアップサービス、海外のラウンジが使えるプライオリティパス無料といった手厚いサービスがついているのでプレミアムカードに切り換えるのも1つの手段と言える。

楽天の対応

今回の改悪にともない、楽天カードでは2021年1月14日までに新規申し込みを行ったユーザーに対して、月割りで年会費の返金と請求停止を行う見通しだ。

さらに、改定が行われる4月1日から新しい特典として「お誕生月サービス」と題した誕生月に楽天市場または楽天ブックスを利用するとポイント+1倍と上限2000ポイント付与のサービスを開始する。

ただし上限2000ポイントを受け取るためには20万円分のカード利用をする必要があり、改悪による対応策としては不足している印象だ。

年会費の返金と請求停止手続きは専用フォームから申し込み可能で、期間は2021年1月14日から2021年3月31日までとなっている。

続々と改悪する楽天サービス

楽天経済圏の保険サービス「楽天カード超かんたん保険」とフリマプラットフォーム「ラクマ」は昨年末に続々と改悪を発表した。

楽天カード超かんたん保険は、月々数百円という手ごろな保険料で、さらに月払いによってSPUが獲得できると人気の保険だったが、2021年1月からの改悪で年払いのみとなりポイント獲得数が減ってしまった。

ラクマは改定前に商品価格の3.5%だったものが6.0%まで手数料が引き上げとなり、人気フリマアプリ「メルカリ」のあとを追うサービスとして注目されていたものの、手数料の改悪でユーザー数は思うように伸びていない。

一方で、楽天市場はコロナ禍において利用者が急増しており、2014年にサービスを開始した楽天市場での購入品をユーザーが紹介して報酬が発生するSNS「楽天ROOM」も人気が出ている。

年末からの相次ぐ改悪で利用者からは懸念の声もあがっているが、楽天経済圏はどのように舵取りをしていくのだろうか。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました