Apple Watchに心電図アプリ搭載

Business

アメリカのAppleが開発する「Apple Watch」に心電図を計測できる機能が日本でも提供されると発表があった。

アメリカではすでに2018年から提供が始められており、日本では規制当局の承認が必要なことから2年遅れでのリリースとなる。

Apple Watchの心電図アプリ

Apple Watchでは、電子式心拍数センサーが内蔵されたアプリとwatchを組み合わせることで心電図の測定ができる機能を2018年9月に販売されたシリーズ4以降のモデルで使用可能となる。

具体的な日付は未発表だが、近日中に予定しているOS(最新基本ソフト)の配信に合わせて1週間後には利用できるようになる見通しだ。

心電図アプリの活用方法

心電図を計測する方法はアプリを開いてからデジタルクラウンというつまみにApple Watchを装着していない手の指をあてるだけで、およそ30秒後には不整脈といった心房細動の兆候があるかどうかを判断する。

計測した記録はアプリ内で保存され、iPhoneからPDFファイルを使って医師と共有することもできるが、あくまでも家庭用の機能としている。

Appleは心電図機能に加えて、不整脈などの不規則なリズムを感知した場合にはユーザーに通知で知らせる機能も同時に提供し、2017年9月に発売されたシリーズ3以降の製品で使用できるようになるという。

ヘルスケアに重点を置くApple Watch

Appleが2020年9月に発表したApple Watchのシリーズ6となる最新機種では、血中酸素濃度を測定できる機能が搭載された。

現在世界中で感染拡大が止まらない新型コロナウイルスについての研究によると重症化している人と軽症の人は血中酸素濃度による違いがあるとして話題を呼んでいる。

Apple Watchで搭載されてきた心拍数計や活動量計と、最新モデルで使えるようになった血中酸素濃度測定に心電図アプリも加われば多くの人を救えるようになると期待されている。

最新モデルでは日常的に心臓の状態や呼吸器系の異常がないかを確認でき、トレーニングを積極的に行う20代~40代はもとよりデジタル機器の所持率が低い高齢層のApple Watchユーザーが増加傾向だ。

現CEOティム・クックは「Appleが人類における役割を未来から見たとき、ヘルスケアがその答えとなる」という発言を以前からしており、Apple Watchの機能には保険会社や医療機関が注目を集めている。

Appleは心不全や不整脈から起こる脳卒中、ぜんそくなどの症状を改善する研究に携わる指針を発表済みで、ヘルスケア業界での存在感がこれから増していきそうだ。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました