Suicaの入退館実験が開始 スマホも対応

Business

1月25日、JR東日本スタートアップと株式会社Photosynth(フォトシンス)が交通系ICカードのSuicaを利用したビルの入退館実験を始めると公表した。

交通系ICカードや非接触型クレジットカードが生活の利便性を高める取り組みが急速に広がっている。

ビルの入退館をSuicaで完結

2月1日から3月末までの間、東京都渋谷区にあるJR東日本本社のビルで入館手続きの際にSuicaを使用する実験が行われ、支社で働く社員らが参加する。

まず本社の入館予約サービスに訪問者情報の登録を行い、完了後に本社の社員からメールが送信され、そこにSuicaのIDを入力することで入館が可能になる仕組みだ。

受付での手続きが不要となり、スマートフォンサービスのモバイルSuicaも利用できる。

一度情報を登録すれば、次回以降はSuicaをゲートでかざすだけで入退館ができるので面倒な手続きやアポ取りが不要となり、支社の社員が本社に訪れる際の効率アップや時短につながる。

Suicaの使用システム

今回の新しい取り組みに用いられるのは、SuicaのIDとPhotosynthが開発した「Akerun Access Intelligence」というクラウド型の認証基盤で、ID番号や登録情報を管理するJR東日本メカトロニクス株式会社も協力している。

この実験によってビル入退館や駅業務施設のスマートな出入が可能となり、キーレスでスムーズな働き方が実現される。

Photosynthは住宅用のスマートロックや車、会社などあらゆる鍵をデジタル化して、非対面でセキュリティ対策が厳格なシステムづくりに貢献している会社で、三井不動産のオフィスでも開発したサービスが導入されている。

急速に進むデジタル・スマート化社会

2020年には、交通系ICカードのPASMOがモバイルサービスを開始し、Apple Payへの対応で私鉄やJR東日本以外のJR各社で利用者が急増した。

モバイルSuicaがリリースした2006年から実に14年ぶりの導入で、最近のキャッシュレス・デジタル化の波は止まらない。

一方で地方の交通機関では、交通系ICカードではなく非接触型クレジットカードの導入が進んでいる。

ユーザーが既に保有しているクレジットカードをかざせば賃料が支払えるため、導入コストが少なく、すでにタッチ決済が日常化している外国人観光客が多いエリアでは特に好評だ。

2020年に茨木や福島、岩手県の各社で導入が進み、今後も全国に広がっていく見通しである。

交通系ICは仕組みが高コストで、都市部での普及は進んでいるが地方では非接触型クレジットカードが好まれており、クレジットカードに交通系の決済を加える方が効率よく、同様の動きは香港や中国、シンガポールなどの大都市でも見られる。

交通系ICカードの新たな汎用性の向上とデジタル化による利便性の高いサービスが今後さらに必要となってくるだろう。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました