常識を疑え! スペイン生まれの羽根のない風力発電機が2020年に販売スタート

エネルギー
常識を疑え! スペイン生まれの羽根のない風力発電機が2020年に販売スタート | EMIRA
世界で初めて風力発電機が造られたのは今からおよそ130年前。さらに揚水や灌漑(かんがい)目的としては、紀元前から風車が活用されていたという記録も残っている。このように2000年以上もの間、風の力を得る=プロペラを回すということは常識として考えられてきた。しかし、スペインのスタートアップ企業・Vortex Bladele...

従来のように複雑な部品を使わないため。メンテナンスに油を使う必要がないので、廃棄する際の費用も安くできるという。

これまでの風力発電機が抱えていたプロペラの騒音問題や鳥の巻き込み事故、膨大なコストを解決するVortex社の風力発電機。再生可能エネルギー先進国・スペインで生まれた新しい技術が、世界の風力発電事情を一変させるのかもしれない。

風力発電に革命が起きようとしています。詳細はまたの機会にお伝えします。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました