ウクライナ機墜落は「イランのミサイルによるもの」 西側諸国が主張

軍事
ウクライナ機墜落は「イランのミサイルによるもの」 西側諸国が主張 - BBCニュース
8日にテヘランで墜落したウクライナ航空機は、イランが発射したミサイルに撃墜された可能性があると、西側諸国の首脳が主張している。このミサイルは誤射の可能性があるという。

戦争したらイランの損失にしかならないので、第三次世界大戦をする気がないなら、戦争にはならないのでは

8日にテヘランで墜落したウクライナ航空機は、イランが発射したミサイルに撃墜された可能性があると、西側諸国の首脳が主張している。誤射の可能性があるという。

カナダのジャスティン・トルドー首相は9日、オタワで記者会見し、イランが発射した地対空ミサイルが原因との見解を示した。イギリスのボリス・ジョンソン首相も「具体的な情報」があると同調し、徹底的な調査が必要だと述べた。

一方イランは、空軍によるミサイル攻撃を否定している。

ウクライナ航空PS752便(ボーイング737型機)は8日午前6時12分(日本時間午前11時42分)、テヘランのイマーム・ホメイニ空港からウクライナの首都キーウ(キエフ)に向かって出発した直後に墜落。170人以上の乗客乗員全員が死亡した。

旅客機墜落の約5時間前には、イラン革命防衛隊が司令官殺害への報復として、イラク国内2カ所の米軍基地に多数の弾道ミサイルを発射していた。

アメリカ軍は3日未明、ドナルド・トランプ大統領の命令でイラク・バグダッドでイラン革命防衛隊コッズ部隊のカセム・ソレイマニ司令官を殺害。8日未明にはイランがその報復として、イラク国内で米軍が駐留する少なくとも2カ所の空軍基地を弾道ミサイルで攻撃したばかりだった。

【 bbc.comより引用 】https://www.bbc.com/

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました